2015年3月10日

ThinkPadX230のCPU交換

2012年6月に購入したThinkPad X230 ですが、1ヵ月前くらいからCPUのFANから異音が出るようになりました。メーカ保障も切れてしまっていたので自分でCPUFANを交換することにしました。

ThinkPadのCPUFANですが、秋葉原の若松通商で調達しようと思いましたが、どうやら数年前に閉店してしまったみたいで、今はThinkFactoryという名前に変っていました。お店は小さくなってしまいましたが、ThinkPad専門店だけあって無事X230のCPUFANをゲットできました。

CPUFANの交換ですが、ググッてみたところ中部ノートセンターのサイトが丁寧に分解のレビューが書いてあって参考になったこともあり、2時間程度で無事CPUFANの交換が完了しました。CPUFANですが、システムボードの裏側についているので、ほぼ全てを分解しないと交換できない場所にありましたので、CPUFANの交換は結構大変でした。せっかく分解したので、ノートPCの中に溜まっていた約3年分の埃をエアーダスターで綺麗に掃除しておきました。

ちなみに、CPUFANのCPUに設置する部分にグリスが付いた状態で販売されていたので、個別に買わなくても良かったみたいです。(念のためグリスを購入していましたが使いませんでした。)

ThinkFactoryさんみたいなお店があるとパーツも単体交換できるし、X230でWindows10が動作するようであればあと5年ぐらいは使っていけそうです。

2014年3月27日

VCPに有効期限が。。。

しばらく仕事が忙しくて、更新サボってましたがショックな情報を入手したのでブログ更新してみました。

VMwareの認定資格になるVCPですが、有効期限がないことが結構ポイント高かったのですが、ついにVCPに有効期限が出来しまったみたいです。

参考URL(PDF):VCP資格の再認定制度について

 ようするに、VCPの有効期限は2年になり、既に2年以上まえに認定された人は「2015年3月10日」までに再認定か新しい資格を取ってねってことのようです。

資格 認定日 認定日より2年 新制度での
有効期限
VCP2 2005年8月1日 2007年8月1日 2015年3月10日
VCP3 2005年8月1日 2010年8月1日 2015年3月10日
VCP4 2005年8月1日 2011年8月1日 2015年3月10日
VCP4 2014年3月1日 2016年3月1日 2016年3月1日
VCP5 2011年8月1日 2013年8月1日 2015年3月10日
VCP5 2014年3月1日 2016年3月1日 2016年3月1日

最近はVMware Viewを構築していることもあるので、VCP延長のためVCP-DTを取ろうと思いますが、その後の更新するかはちょっと考えますね。

2013年9月23日

HP ProLiant MicroServerで再稼動

2011年5月に自宅サーバとして購入したMP57-D(J)ですが、8月の停電で電源が逝ってしまわれたので、新しいハードウェアを購入しました。

HP ProLiant MicroServerです。(Gen8じゃ無いほうです。)

micro_server.jpg

ちょうどGen8が発売されたのですが、価格が6万円と少し割高だったので、性能は落ちますが2万強で購入できる型落ちのN54Lにしました。

N54Lですがカタログスペック上はメモリーの上限は8GBと記載がありますが、実際は16GBまで認識するようなので、Transcend(PC3-10600 DDR3)の8GB×2個を購入して無事認識しました。また、ハードディスクはSATAⅢの1T×2個を追加購入しています。(規格はSATAⅡですが下位互換可能です。)

MP57-D(J)はESXiをUSBブートして使用していたため、移植はブートUSBを差し替え、ESXiを起動しました。基本ESXiは無事認識しましたが、ハードウェアの構成内容が異なっていたため、NICの再設定が必要でした。
後、オンボードのRAIDコントローラを使おうと思いましたが、残念ながらESXiから認識しなかったので、そのままデータストアを2個作ってOS上でバックアップすることにしました。

データの移行ですが、MP57-D(J)で使用していたハードディスクを外付けディスクでeSATA接続して、データストアのマウントしてからVMDKファイルなど新しいディスクにコピーした後インベントリの追加で完了です。

メモリーが8GBから16GBに増えたので、OpManagerを稼動しているメモリーが不足気味のWindows8を、2GBから4GBに設定変更したところサクサク動くようになりました。ESXを構築するときはメモリは多めに出来る構成の方を選択しましょう。ESXの移行は簡単だったので、自宅の環境を仮想マシンにして本当に良かったと感じました。

#仕事が忙しくて、MP57-D(J)がダウンした事にしばらく気がつきませんでした。8月6日から1ヵ月程度落ちてました。

2013年6月28日

docomoプレミアクラブが改悪

2014年4月よりドコモプレミアクラブのサービスを変更して、ドコモプレミアクラブのポイントがより溜まり難くなるようです。

130626_01.gif

今回の改定は、スマートフォンの拡大などにより、お客様の携帯電話のご利用状況が変化していることや、ドコモを長期にご契約いただいているお客様への更なる優遇特典拡充のご要望が多いことを踏まえ、「ポイントプログラム」の変更、「会員優待サービス」の拡充、および「安心サポート」の見直しを行います。

と言ってますが、現在プレミアクラブの人が100円で4ポイント貰えた人が、1000円で40ポイントになったため、999円でも切捨てで0ポイントになります。また、携帯保障などのオプションサービスに加入していないと、どれだけ長期に使っていてもベーシックステージに転落するためポイントが溜まり難くなります。

特にサービスが拡大している訳でもなく、オプションに入らない人は優遇なんてしねーよって感じにも受け取れます。どのあたりを長期にご契約しているお客様を考慮した対応なのか、甚だ疑問です。

もう直ぐ14年のドコモユーザですが、ドコモの魅力が段々無くなって来ている気がします。

2013年5月28日

コメントスパム対策

仕事が忙しくて更新サボっていましたが、5月の中旬からコメントスパムが届くようになりました。

コメントが投稿されると携帯にメールが来るようにしていたので、直ぐにコメントスパムが投稿されているのは気が付いていたのですが、さすがに無駄なコメントをチマチマ削除するのが大変になってきたのでコメントスパムの対策を行うことにしました。

今までもコメント欄にはCAPTCHA 認証を使っていたので、コンピュータからの機械的なコメントの投稿は出来ないようにしていたのですが、Movable Type の脆弱性が発見されたのか、どうやらCAPTCHA 認証をすり抜けてコメントを投稿して来ているようです。

対策ですが、Movable Typeでコメントを投稿するには、「 mt-comments.cgi 」を呼び出しているのですが、これをリネームすることでディフォルト値のcgiを機械的に攻撃してくるスパムを防ぐすることが出来るようです。

変更する箇所は、「 mt-config.cgi 」で、以下の内容を追加します。今回はコメントとついでにトラックバックも対応しました。

 
CommentScript mt-comments-samle.cgi
TrackbackScript mt-tb-samle.cgi
 

続いて、ファイル名も以下のようにリネームします。

mt-comments.cgi -> mt-comments-samle.cgi
mt-tb.cgi -> mt-tb-samle.cgi

あとは、サイトの再構築をすれば完了です。今回のコメントスパムに有効かは微妙ですが、しばらく様子見です。

 

2013年3月10日

空気清浄機(TCK55M-W)の効果

先週ぐらいから花粉の量が増えてきたようので、先月に購入したダイキンの空気清浄機(TCK55M-W)を箱から出しました。当初は寝室におく予定でしたが、まずはリビングに置いて様子をみてみました。

一日程度運転してみましたが、外にいるときは鼻水やくしゃみが止まらない状態ですがが、室内に入ると花粉をほとんど感じない状態になりましたので効果は出ているようです。ただ、頻繁ににおいやハウスダストのセンサーが反応してファンが回っています。ファンが高回転している状態ではそれなりに音がするので寝室よりリビングで使った方が良さそうな感じです。

さて、最近ニュースで「黄沙」や「PM2.5」と言う言葉を良く聞くようになりました。購入した空気清浄機(TCK55M-W)がこの「黄沙」や「M2.5」にどの程度効果を発揮するか気になったので調べてみました。

フィルタ性能除去効果

まず、フィルタの細かさです。除去したい粒の大きさがフィルタの隙間より小さい場合、フィルタを通過してしまうので効果がありません。ダイキンのサイトを調べてみると、ダイキンのフィルタは、0.3μm以上の粒子の除去が可能で、黄沙は0.5~5μmで、PM2.5は1.0μm以下なので、Pm2.5については全て除去が可能という訳ではありませんがある程度の効果は期待出来そうです。(PM2.5についてですが、現時点ではメーカも調査中のようで、効果がありますとの記載はありません。)

粒子の分解効果

次に粒子の分解効果です。ダイキンではストリーマ放電により、ダニ・花粉・ウイルスを代表とする有害タンパク質・有害物質の分解が可能です。また、ホルムアルデヒド・ディーゼル粉塵(DEP)・排ガスの分解も可能でPM2.5はディーゼル車の排気ガスに含まれる微粒子が大半を占めている研究もあり効果がありそうです。黄沙は分解することは出来ないので、フィルタによる除去だけになります。

 

PM2.5については、最近騒がれ始めたので各メーカとも調査を行っている段階だと思います。個人的にはダイキンの製品は効果有りだと思っていますが、メーカから早めに公式発表してくれると消費者も安心して購入できますね。

Archives