2013年6月28日

docomoプレミアクラブが改悪

2014年4月よりドコモプレミアクラブのサービスを変更して、ドコモプレミアクラブのポイントがより溜まり難くなるようです。

130626_01.gif

今回の改定は、スマートフォンの拡大などにより、お客様の携帯電話のご利用状況が変化していることや、ドコモを長期にご契約いただいているお客様への更なる優遇特典拡充のご要望が多いことを踏まえ、「ポイントプログラム」の変更、「会員優待サービス」の拡充、および「安心サポート」の見直しを行います。

と言ってますが、現在プレミアクラブの人が100円で4ポイント貰えた人が、1000円で40ポイントになったため、999円でも切捨てで0ポイントになります。また、携帯保障などのオプションサービスに加入していないと、どれだけ長期に使っていてもベーシックステージに転落するためポイントが溜まり難くなります。

特にサービスが拡大している訳でもなく、オプションに入らない人は優遇なんてしねーよって感じにも受け取れます。どのあたりを長期にご契約しているお客様を考慮した対応なのか、甚だ疑問です。

もう直ぐ14年のドコモユーザですが、ドコモの魅力が段々無くなって来ている気がします。

2013年1月16日

ドコモ2013年春モデル発表

docomo01.jpg

NTTドコモが1月22日11時30分に春モデルとして新商品と新サービスを発表するようです。

端末は、ソニーモバイルのXperiaZや富士通のArrows、シャープのAQUOSあたりの発表があると予想されています。注目はソニーモバイルのXperia Zのようですが、個人的にはあまり魅力は感じていません。
後、新サービスですが、NOTTVというTVをスマホで見れるサービス?など展開してますので、今回は2012年末に発売されたkindleに対抗して、「スマホで電子書庫だー!」とか言いそうな気がしてます。

ドコモのネタとしては、やっぱり注目するのはiPhoneの導入ですね。昨年末に端末契約数が純減したこともあり、幹部から来年度以降にiPhone導入を検討しているようです。逆にいうと今回の発表ではiPhoneの発売は間違いなくないということになります。

実際にドコモからiPhoneが発売されるかも微妙ではありますが、噂ではiPadが2013年夏、iPhoneが2013年秋を予定していると言われています。2012年10月にSPモードメールがドコモメールとしてクラウド化を行っていますので、キャリアメールの問題はクリアされつつあり、iPhone発売についてはドコモ経営陣がdメニューを捨てきれるかがポイントになてくるのではないかなと思っています。

2012年5月16日

プラスXi割でGALAXY Note SC-05D

先日ドコモショップでGALAXY Note SC-05Dをゲットしました。今月までドコモポイントを使いたかったのですが、家電量販店では翌月の携帯電話料金としてポイントで清算することになるために、今回はマイショップ指定のドコモショップで購入しています。

本体価格が結構痛いと思っていましたが、ドコモショップでGALAXY Noteが期間限定割引をしていて予定より安く購入できました。あと、マイショップの特典で携帯に届いたメールを見せて2000円の商品券を貰いました。

GALAXY Note本体を購入時の明細については以下の通りです。ドコモポイントがかなり貯まっていたので、今回はドコモポイントだけでお買い上げしたのですが、店員さんも自分が保有しているドコモポイントを見て個人のユーザでこんなポイント持っている人久しぶりに見ましたと言われました。

SC-05Dセット(Ceramic Wite) 63,200
Xi期間限定増額  -5,000
契約事務手数料(消費税込み)  3,000
商品券 2,000
合計 56,200

 

続いて、月額料金の予定金額です。事前の積算では月々サポート(月額)の割引は1,995円の予定だったのですが、キャンペーンで月々サポートの割引が300円程度上乗せされたようです。

Xiデータプラン フラット にねん 3,900
月々サポート割引適応額(月額) -2,310
ケータイ補償お届けサービス 399
ユニバーサルサービス料 5
月額合計 1,994

最後にキャンペーンでもらったドコモのタンブラーとGALAXY Noteです。

SC-05D.jpg

昨年ドコモポイントの延長があり2012年5月末にポイント失効する人が多いためドコモもキャンペーンに力を入れているようです。家電量販店で購入する場合は、翌月の請求になりそうなのでポイントが失効せずに利用できるか確認してから購入しましょう。

 

2012年5月 7日

ドコモのプラスXi割キャンペーンがお得

2012年5月でドコモポイントが失効してしまうので、ガラケーからスマートフォンへの機種変更を考えていて、ドコモショップに行ってみると、「 プラスXi割 」という2台持ちのキャンペーンをやってました。

キャンペーンでは1台目をパケット定額サービス利用しているFOMA携帯かスマートフォンを保持している状態で、2台目にXiタブレット又はXiモバイルWi-Fiルータを購入すると、「 Xiデータ通信専用プラン 」の月額利用料が安く利用できるという内容でした。

チラシでは、2台目の対象はXiタブレットとのことでしたが、個人的には、スマートフォン扱いのGALAXY Note を2台目として欲しかったので、店員さんに話を聞いてみると、どうやらGALAXY Note でもプラスXI割キャンペーンの対象としてOKのようです。

2台目の月額利用料がどの程度か気になるとのころですが、1台目を今つかっているガラケーを継続して使って、且つ2台目の GALAXY Note 本体を新規一括で購入した場合を想定します。結果としては本体だけ入手出来れば、2年間は実質2300円程度で保持出来ることになりかなりお得です。
1台目のガラケーでもデータ定額プランの加入が必要になるため、iモード使用料と315円とパケ・ホーダイダブルの390円は必要経費となりますが、それでも、割安感は出ていると思います。

  2年間の総額 月々の使用料
新規一括のGALAXY Note本体代金 69,510 -
Xiデータ フラット にねん(※1)  - 3,980
月々サポート(※2) -47,880 -1,995
SPモード - 315
ユニバーサルサービス料 - 5

(※1)Xiデータ フラット にねんですが、通常は月額5,980円が必要となります。
(※2)月々サポートは最長2年です。

MNPを使うと月々サポートが4095円まで割引されますので、月々の負担がほとんど無い状態になります。当初はFOMAからスマートフォンへの機種変更を考えていましたが、このプランをしようして、ガラケーとスマホ(データ通信専用)の2台持ちにすることに決めました。ドコモポイントのこともあるので今月中に契約予定です。

ドコモを10年以上つかっていてるのでプレミアステージなのですが、最近あまり長期利用の恩恵を受けていない気がします。他のキャリアから集客したい気持ちは判りますが、ドコモさんはもう少し既存のユーザを大事にして欲しいです。

2012年1月15日

iPod nano (1st generation) 交換プログラムの結果

iPod nano (1st generation) のバッテリー過熱の問題でApple が iPod nano (1st generation) 交換プログラム を行っており申し込んでいたのですが、先日交換品が戻ってきました。

結果は、既にWEBに出回っているとおり、6世代目となるiPod nano (6th generation) でした。

iPod_nano_6th.jpg

あと、梱包材の中には、以下のような用紙が入っており、在庫により機種が変更されると記載がありました。Appleは初代 iPod nano を利用している人が減ったタイミングでプログラムを公開してみたが、思いのほか申込者が多かったというところでしょうか。

AppleCare 修理サービス


お客様各位

このたびは、iPod nano (1st generation) 交換プログラムをご利用いただき、ありがとうございましす。iPodの交換機を同梱させていただきましたのでご査収ください。

シリアル番号
交換機の iPod のシリアル番号は交換機のものとは異なります。また、iPod nano (1st generation) の在庫状況により、同梱させていただいた交換機が元の iPod より新しいモデル(性能は同等またはそれ以上)になっている場合がありますのでご了承ください。念のため、シリアル番号の控えを取っておいていただきますようお願いいたします。

製品保証
Appleは、 iPod nano の交換品に瑕疵がないことを交換サービスの実施日から90日間にわたり保証します。

iPod のソフトウェアを最新の状態に保つため、Apple の Web サイト
(http://www.apple.com/jp/itunes/download/ ) から最新バージョンの iTunes をダウンロードしてください。iPod の操作方法についてわからない点がある場合は、Apple のオンラインサポートサイト
(http://www.apple.com/jp/support/ipodnano/)をご覧ください。

今後ともApple製品をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

AppleCare 修理サービス


昨年末から、お仕事が忙しく時間が取れないのですが、少し落ち着いたら触ってみようと思います。

iCoat watch リストウォッチ型シリコンケース for iPod nano 6th グリーン
iCoat watch リストウォッチ型シリコンケース for iPod nano 6th グリーン

2011年9月12日

開発段階のiOS5でSIMに制限か?

今年の6月に、アップル(Apple)は「iOS 5」を今秋にリリースを予定している発表を行いましたが、開発段階における iOS5 beta7 で、海外のフリーSIMカード、ドコモSIMカードが利用が出来なくなったと報告がありました。
ようするに、オペレーションシステム側でSIMに制限を行うことにより、SIMロックの有り無しに関係なく、アップルが認定したキャリアしか利用を認めないということになります。(日本通信のb-mobileで使用されるSIMカードについては、プロビジョニングファイルをインストールすれば利用できるとのことです。)

現時点では意図的に制限を設けたか定かではありませんが、今後の開発バージョンやGM(最終バージョン)で修正が行わなければ、この状態のままiOS5が正式にリリースされることになります。ちなみに iOS5 beta7 ではAPN(AccessPointName)設定も変更ができなくなっているようです。

なので、ドコモをキャリアを使用する前提でSIMロックフリー版iPhone5の検討されている人は、急いで購入しないほうが良さそうです。また、iOS5は「iPhone 3GS 」、「iPhone 4」、「iPad 」、「 iPad 2」、「iPod touch 第三世代 / 第四世代」が対象になっているので、これらをSIMロックフリー版で購入している人はiOS5がリリースされても直ぐにアップデートしないでください。

こんな話しを聞くと、ドコモからiPhoneが販売されることは、しばらく無いのかなと感じます。また、アップルから提訴をうけているサムスン(Sumsung)はドコモとは仲が良さそうですし、スマートフォン市場の構図が、今後どう動くのか楽しみです。

参考ページ:iOS5 beta7で日本通信SIMが終了のお知らせか!?