2013年9月23日

HP ProLiant MicroServerで再稼動

2011年5月に自宅サーバとして購入したMP57-D(J)ですが、8月の停電で電源が逝ってしまわれたので、新しいハードウェアを購入しました。

HP ProLiant MicroServerです。(Gen8じゃ無いほうです。)

micro_server.jpg

ちょうどGen8が発売されたのですが、価格が6万円と少し割高だったので、性能は落ちますが2万強で購入できる型落ちのN54Lにしました。

N54Lですがカタログスペック上はメモリーの上限は8GBと記載がありますが、実際は16GBまで認識するようなので、Transcend(PC3-10600 DDR3)の8GB×2個を購入して無事認識しました。また、ハードディスクはSATAⅢの1T×2個を追加購入しています。(規格はSATAⅡですが下位互換可能です。)

MP57-D(J)はESXiをUSBブートして使用していたため、移植はブートUSBを差し替え、ESXiを起動しました。基本ESXiは無事認識しましたが、ハードウェアの構成内容が異なっていたため、NICの再設定が必要でした。
後、オンボードのRAIDコントローラを使おうと思いましたが、残念ながらESXiから認識しなかったので、そのままデータストアを2個作ってOS上でバックアップすることにしました。

データの移行ですが、MP57-D(J)で使用していたハードディスクを外付けディスクでeSATA接続して、データストアのマウントしてからVMDKファイルなど新しいディスクにコピーした後インベントリの追加で完了です。

メモリーが8GBから16GBに増えたので、OpManagerを稼動しているメモリーが不足気味のWindows8を、2GBから4GBに設定変更したところサクサク動くようになりました。ESXを構築するときはメモリは多めに出来る構成の方を選択しましょう。ESXの移行は簡単だったので、自宅の環境を仮想マシンにして本当に良かったと感じました。

#仕事が忙しくて、MP57-D(J)がダウンした事にしばらく気がつきませんでした。8月6日から1ヵ月程度落ちてました。