FreeBSDをGPTでインストール

前回、2つのdetastoreをもつESXi5.1上に、それぞれのdatastoreにハードディスクを持つ仮想マシンを作成しました。作成方法はこちらを見てください。

早速FreeBSDをインストールしてみます。OSのバージョンは、2013年1月時点で最新のFreeBSD9.1にしました。以下の64ビット対応のISOファイルをFreeBSDのサイトからダウンロードします。

  • FreeBSD-9.1-RELEASE-amd64-dvd1.iso

GPTを使ったFreeBSD9.1のインストール

FreeBSDをGPTを使ってハードディスクをミラーするインストールをします。1パーティションで面白くないので、従来のようにパーティションを分割してインストールしてみました。

仮想マシンのCD-ROMにISOをマウントして仮想マシンを起動します。

fgpt01.jpg

今回は、FreeBSDのインストールが目的なので「install」を選択します。

fgpt02.jpg

KEYマップの設定をします。

fgpt03.jpg

Japanese106を選択してください。

fgpt04.jpg

ホスト名の設定です。FQDNの形式で入力してください。

fgpt05.jpg

インストールコンポーネントの選択です。

fgpt06.jpg

GPTを作るためshellを選択します。

fgpt07.jpg

20GのハードディスクをGPTでフォーマットします。その際パーティションは以下のようにしました。

パーティション 容量(19GB利用可能)
/ 1GB
swap 1GB
/tmp 1GB
/var 4GB
/usr 12GB(残り全部)

GPTでフォーマットしたら、各パーティションをnewfsでufsファイルシステムを作成します。

 
kldload geom_mirror
gmirror label -b split gm0 da0
gpart create -s gpt mirror/gm0
gpart add -s 512k -t freebsd-boot -l boot mirror/gm0
gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptboot -i 1 mirror/gm0
gpart add -s 1g -t freebsd-ufs -l root mirror/gm0
gpart add -s 1g -t freebsd-swap -l swap mirror/gm0
gpart add -s 1g -t freebsd-ufs -l tmp mirror/gm0
gpart add -s 4g -t freebsd-ufs -l var mirror/gm0
gpart add -t freebsd-ufs -l usr mirror/gm0
 
newfs -j /dev/gpt/root
newfs -j /dev/gpt/tmp
newfs -j /dev/gpt/var
newfs -j /dev/gpt/usr
 

インストール後に起動するマウントポイントをfstabに書き込みます。

 
echo "/dev/gpt/swap none swap sw 0 0" >> /tmp/bsdinstall_etc/fstab
echo "/dev/gpt/root / ufs rw,noatime 1 1 " >> /tmp/bsdinstall_etc/fstab
echo "/dev/gpt/tmp /tmp ufs rw,noatime 2 2 " >> /tmp/bsdinstall_etc/fstab
echo "/dev/gpt/usr /usr ufs rw,noatime 2 2 " >> /tmp/bsdinstall_etc/fstab
echo "/dev/gpt/var /var ufs rw,noatime 2 2 " >> /tmp/bsdinstall_etc/fstab
 

インストールするためにマウントします。exitでシェルを抜けると自動でインストールが始まります。

 
mount /dev/gpt/root /mnt
mkdir /mnt/tmp
mkdir /mnt/usr
mkdir /mnt/vat
 
mount /dev/gpt/tmp /tmp
mount /dev/gpt/usr /usr
mount /dev/gpt/var /var
 
exit
 

fgpt08.jpg

ルートのパスワードを入力します。

fgpt09.jpg

インターフェースの設定です。

fgpt10.jpg

IPv4のインターフェースの設定です。

fgpt11.jpg

今回はDHCPを使用せず、固定でIPアドレスを設定します。

fgpt12.jpg

インターフェースのIPアドレスとサブネットマスク、ディフォルトゲートウェイを設定します。

fgpt13.jpg

IPv6のインターフェースの設定です。IPv6は設定しませんでした。

fgpt14.jpg

DNSの設定です。

fgpt15.jpg

時間の設定です。標準ではUTCになります。

fgpt16.jpg

「Asia」を選択します。

fgpt17.jpg

「Japan」を選択します。

fgpt18.jpg

有効にするサービスを選択します。

fgpt19.jpg

クラッシュダンプを有効にします。

fgpt20.jpg

ユーザを作成します。ここではユーザの作成方法は省略します。

fgpt21.jpg

インストールは終わったのでExitを選択します。

fgpt22.jpg

再起動するまえにもう一度編集します。

fgpt23.jpg

起動オプションを変更します。

 
echo 'geom_mirror_load="YES"' >> /boot/loader.conf
echo '-Dh' >> /boot.config
 
exit
 

機器を再起動します。

fgpt24.jpg

無事OSが起動してきたら、パーティションサイズを確認すると、ちゃんとパーティションが切られています。最後にインストール段階では1つ目のハードディスクしか使っていなかったので、もう片方のハードディスクにデータをコピーします。

 
root@bsd2:/root # df -h
Filesystem       Size    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/gpt/root    991M    361M    550M    40%    /
devfs            1.0k    1.0k      0B   100%    /dev
/dev/gpt/tmp     991M    8.1M    904M     1%    /tmp
/dev/gpt/usr      12G    1.8G    9.8G    15%    /usr
/dev/gpt/var     3.9G     37M    3.5G     1%    /var
 
root@bsd2:/root # gmirror status
      Name    Status  Components
mirror/gm0  COMPLETE  da0 (ACTIVE)
 
root@bsd2:/root # gmirror insert -v gm0 da1
Done.
 
root@bsd2:/root # gmirror status
      Name    Status  Components
mirror/gm0  DEGRADED  da0 (ACTIVE)
                      da1 (SYNCHRONIZING, 43%)
 
root@bsd2:/root # gmirror status
      Name    Status  Components
mirror/gm0  COMPLETE  da0 (ACTIVE)
                      da1 (ACTIVE)
 

これでインストール完了です。

障害時の復旧方法については、こちらを参考にして下さい。

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/125

コメントする