Gmailアカウントが危ない?

12月25日頃からGmailアカウントが何者かに利用されている報告が上がっています。現時点ではGoogleより公式な発表はないようです。自分も利用頻度は少ないですがGmailアカウントを利用しているので、不正利用がないか確認して、2段階認証による認証の強化を行いました。

不正利用の確認

Gmailにログインすると右下に「アカウントアクティビティの詳細」というリンクがあります。リンクをクリックすることでGmailのログインやPOP受信の状況が確認できます。

gmail08.jpg

 

アカウントアクティビティの詳細画面です。黒塗り部分に接続元のIPアドレスが表示されます。日本以外からアクセスがあった場合は不正利用されている可能性が高いです。自分のアカウントに不正なアクセスはありませんでしたので取り合えず安心しました。

gmail09.jpg
 

2段階認証の設定

現時点では不正なアクセスはありませんでしたが、このまま放置すると、いつかは悪用される可能性があるため2段階認証の設定を有効にしました。

まず、画面右上にある「設定マーク」から「設定」を選びます。続いて画面中央上部にある「アカウントとインポート」を選択します。以下の画面が表示されたら「アカウント設定の変更->その他のGogleアカウントの設定」をクリックします。

gmail01.jpg

左のメニューのセキュリティを選ぶと、以下の画面が表示されるので、2段階認証プロセスの編集ボタンを押します。

gmail02.jpg

コードと表現している2つ目のパスワードを発行します。「設定の開始」を選んでください。

gmail03.jpg

携帯メールにコードを送信します。個人のメールアドレスを入力してください。ここで入力したアドレスに数字6桁のコードが送られてきます。送信者は「noreplay@google.com」から送られてきますので、受信ドメイン設定を行っている人はメールを受け取れるよう設定を変更しておいて下さい。

gmail04.jpg

携帯に届いた6桁のコードを入力します。

gmail05.jpg

恐らく接続するIPで判断してると思われますが、信頼できるパソコンとして登録しておけば、毎回6桁のコードを打たなくて良いようです。

gmail06.jpg

最後に2段階認証プロセスを有効にして設定は完了です。

gmail07.jpg

 

対策が完璧とは思いませんが、これで一安心です。後は、今まで利用しているパスワードについては必要に応じて変更してください。

 

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/112

コメントする