SRX100Hのバージョンアップ

JUNOSのバージョンが少し古かったので色々設定する前にバージョンアップすることにしました。現在稼動しているJUNOSは、「11.2R6.3」で、バージョンアップするJUNOSは現時点で最新の「12.1R3.5」を用意しました。ファイル名は、「junos-srxsme-12.1R3.5-domestic.tgz」です。

現在のバージョンの確認
 
show version コマンドで現在稼動しているJUNOSを確認します。現時点ではJUNOSのソフトウェアは11.2R6.3で稼動していることが判ります。
 
root@srx> show version
Hostname: srx
Model: srx100h
JUNOS Software Release [11.2R6.3]

コンフィグのバックアップ

バージョンアップする前に現在のコンフィグのバックアップを取得します。出力されたコンフィグをコピーしてテキストエディタに保存しておきます。

root@srx> show configuration |display set | no-more
set version 12.1R3.5
set system host-name SRX100H
set system root-authentication encrypted-password "$1$W.QY5NAQ$Adj1PUxxxxxvmCMFQGGOZ."
set system name-server 208.67.222.222
set system name-server 208.67.220.220
set system login user juniper uid 1000
set system login user juniper class super-user
set system login user juniper authentication encrypted-password "$1$hF4QrBibxxxx7dpxbwpTosJJzhwBS4/"
set system services ssh
以下省略

FTPサーバを準備

PCにFTPサーバを立ち上げてSRXからJUNOSをダウンロード出来るようにします。今回はFTPサーバには3CDaemonを使用しました。FTPのユーザは「juniper」、パスワードは「juniper」にしています。

機器 IPアドレス
SRX100H 192.168.1.1/24
FTPサーバ(ノートPC) 192.168.1.2/24(DHCPより取得)

バージョンアップ

以下のコマンドを実行してJUNOSソフトウェアをバージョンアップします。バージョンアップのオプションとしてイメージファイルを保存しない「no-copy」と、コンフィグの差分をチェックしない「no-validate」、ファイルの展開が完了したら自動で再起動する「reboot」を使いました。

root@srx> request system software add no-copy no-validate reboot ftp://juniper:juniper@192.168.1.2/junos-srxsme-12.1R3.5-domestic.tgz
/var/tmp/incoming-package.23565 1214 kB 1214 kBps
Package contains junos-12.1R3.5.tgz ; renaming ...
NOTICE: Validating configuration against junos-12.1R3.5.tgz.
NOTICE: Use the 'no-validate' option to skip this if desired.
Formatting alternate root (/dev/da0s2a)...
/dev/da0s2a: 297.9MB (610044 sectors) block size 16384, fragment size 2048
using 4 cylinder groups of 74.47MB, 4766 blks, 9600 inodes.
super-block backups (for fsck -b #) at:
32, 152544, 305056, 457568
Checking compatibility with configuration
Initializing...
Verified manifest signed by PackageProduction_11_2_0
Verified junos-11.2R6.3-domestic signed by PackageProduction_11_2_0
Using junos-12.1R3.5-domestic from /altroot/cf/packages/install-tmp/junos-12.1R3.5-domestic
Copying package ...
Verified manifest signed by PackageProduction_12_1_0
Hardware Database regeneration succeeded
Validating against /config/juniper.conf.gz
cp: /cf/var/validate/chroot/var/etc/resolv.conf and /etc/resolv.conf are identical (not copied).
cp: /cf/var/validate/chroot/var/etc/hosts and /etc/hosts are identical (not copied).
mgd: commit complete
Validation succeeded
Installing package '/altroot/cf/packages/install-tmp/junos-12.1R3.5-domestic' ...
Verified junos-boot-srxsme-12.1R3.5.tgz signed by PackageProduction_12_1_0
Verified junos-srxsme-12.1R3.5-domestic signed by PackageProduction_12_1_0
JUNOS 12.1R3.5 will become active at next reboot
WARNING: A reboot is required to load this software correctly
WARNING: Use the 'request system reboot' command
WARNING: when software installation is complete
Saving state for rollback ...

実は「no-validate」オプションを使わなかったらバージョンアップに失敗して、バックアップイメージで起動してきました。改めて上記のコマンドで実行してバージョンアップに成功しています。

バージョンアップの確認

正確な時間は測定していませんが、バージョンアップして再起動が完了するまで15分程度かかりました。起動してきたらバージョンを確認します。無事12.1R3.5にアップデートされています。

root@srx> show version
Hostname: srx
Model: srx100h
JUNOS Software Release [12.1R3.5]

これでSRX100Hのバージョンアップは完了です。コンフィグが変わっている可能性もあるので、念のためバージョンアップ前後のコンフィグ比較を行ってください。

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/100

コメントする