2012年2月22日

Windows Vista & Windows 7 のサポート期間が5年間延長

昨年の夏ごろにWindows Vista のサポートが来春早々に終了に記載しましたが、Windows Vista のサポート終了が2012年4月10日で終了予定でしたが、マイクロソフトより5年間のサポート延長するとの発表がありました。また、Windows 7 についても同様に5年間の延長となるようです。
前回同様サポート期限について以下にまとめてみました。

製品 分類 メインストリーム 延長サポート
Windows 7 Enterprise ビジネス 2015/01/13 2020/01/14
Windows 7 Professional ビジネス 2015/01/13 2020/01/14
Windows 7 Ultimate 個人向け 2015/01/13 2020/01/14
Windows 7 Home Premium 個人向け 2015/01/13 2020/01/14
Windows 7 Home Basic 個人向け 2015/01/13 2020/01/14
Windows 7 Starter 個人向け 2015/01/13 2017/04/11
Windows Vista Enterprise ビジネス 2012/04/10 2017/04/11
Windows Vista Business ビジネス 2012/04/10 2017/04/11
Windows Vista Ultimate 個人向け 2012/04/10 2017/04/11
Windows Vista Home Premium 個人向け 2012/04/10 2017/04/11
Windows Vista Home Basic 個人向け 2012/04/10 2017/04/11
Windows XP Professional 個人向け 2009/04/14 2014/04/08
Windows XP Home Edition 個人向け 2009/04/14 2014/04/08

今回のサポートの発表により、Windows XP、Windows Vista、Windows 7 と発売された順にサポートが切れることになりました。また、いままでは、同じシリーズでも製品が異なっていればサポート期限が違うということがありましたが、今回の更新によりWindowsXPはWindows XP は2014年4月8日、Windows Vista は2017年4月11日、Windows 7 は2020年1月14日に統一されたので、だいぶサポート期限がすっきりしたのではないでしょうか。

Windows XPはサポート終了まで残り2年ですので、現時点でOSの更新を考えている場合は、2020年までサポートが保証されているWindows 7 が無難と思われます。
ただ、Windows 8 も2012年冬に発売を予定していますので、余裕のある人はwindows 8 が発売されてから考えても良いかもしれません。Windows VistaもWindows 7もサポート延長していますので、Windows 8 は、初めから10年サポートになると予想しています。

2012年2月10日

書いて消せるボールペン(フリクションボール)

最近、職場でのお気に入りの文房具です。

LFBK-23EF.jpg

PILOT社から販売しているフリクションボール ノック( FRIXION BALL KNOCK )という消せるボールペンです。フリクションインキという高温にさらされると消えてしまう特殊なインキを使用していて、ペンの頭にある専用のラバーで擦ると摩擦熱により、書いた文字を消すことが出来ます。また、インクの色を消しているだけなので消しカスが出ないのも嬉しいです。

フリクションインキは60℃を超えるとインクの色が消えるように設定されているようです。試しにフリクションボールで書いた紙にドライヤーを当ててみると、紙が綺麗に白紙になりました。

始めは粗品として頂いたものですが、一旦使い始めると意外と使い勝手が良いです。以前は、ノートにボールペンのスタイルでしたが、漢字を間違った場合は訂正線を描いたりしていてメモが汚くなってしまいましたが、フリクションボールだと、消すことが出来るのでノートを綺麗に使えています。(字が汚いのは直ぐには直りませんが。。。)

カラーのバリエーションも7色と豊富で、替芯もあり長く使用できるおすすめの一品です。

フリクションボール ノック 0.7mm 3色セット LFBK69F3C
フリクションボール ノック 0.7mm 3色セット LFBK69F3C

2012年2月 8日

ロシアドメインからのリファラスパム

このサイトのWEBアクセス解析を眺めてみると、2012年1月頃からロシアのドメイン「 ru 」からこのサイトにリンクが貼られているように見えました。残念ながらこのサイトは日本語のみで書かれているため、ロシアからリンクをされるメリットがありません。しかもTOPサイトからリンクを張っているように見えるので怪しさ倍増です。

<このブログにリンクを張っていると言い張っているサイト> 
 
 zel-klimat.ru
 www.otvetnemail.ru
 cable-rzn.ru
 planet-best.ru
 vlirt.ru
 bertsi.ru
 
 ※真っ当なサイトではないと思いますのでアクセスしていません。

WEBサーバのログを確認にしてみると、短時間でOSを変えたり、ブラウザを変更してアクセスしていますので、人為的なアクセスではなく、ロボットやツールでアクセスしていることが判ります。一番上のログですが、「OSは英語版windowsXPを使っていて、ブラウザはOperaを使用していて、"ttp://cable-rzn.ru/"のサイトにある"ttp://or2.to/2011/07/post-13.html"のリンクをクリックして来ました。」というログです。

178.137.5.23 - - [05/Feb/2012:15:29:06 +0900] "GET /2011/07/post-13.html HTTP/1.0" 200 38486 "ttp://cable-rzn.ru/" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; en) Opera 9.0"
178.137.5.23 - - [05/Feb/2012:15:29:08 +0900] "GET /2011/07/post-13.html HTTP/1.0" 200 38486 "ttp://cable-rzn.ru/" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)"
178.137.5.23 - - [05/Feb/2012:15:29:08 +0900] "GET /2011/07/post-13.html HTTP/1.0" 200 38486 "ttp://cable-rzn.ru/" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows NT; DigExt)"

これは、リファラスパム(referer spam)と言い、Googleなどの検索サイトで検索され際に上位ヒットするために、足跡を残すためのスパムで、コメントスパムやトラックバックスパムと同じ目的で使われています。

リファラスパムは主にサイトの誘導を目的としているので、ログに残る以外は実害はないようです。念のためリファラスパム先のリンクにはアクセスはしないようにしましょう。最悪の場合はウイルスに感染する可能性があります。リンク先のサイトが気になるような場合は、検索サイトを利用して調べてみるのも良いかもしれません。

最後に、WEB解析ページを公開しているサイトをたまに見かけますが、リファラスパムに貢献することになるので、非公開にするかパスワード等によるアクセス制御をしましょう。