開発段階のiOS5でSIMに制限か?

今年の6月に、アップル(Apple)は「iOS 5」を今秋にリリースを予定している発表を行いましたが、開発段階における iOS5 beta7 で、海外のフリーSIMカード、ドコモSIMカードが利用が出来なくなったと報告がありました。
ようするに、オペレーションシステム側でSIMに制限を行うことにより、SIMロックの有り無しに関係なく、アップルが認定したキャリアしか利用を認めないということになります。(日本通信のb-mobileで使用されるSIMカードについては、プロビジョニングファイルをインストールすれば利用できるとのことです。)

現時点では意図的に制限を設けたか定かではありませんが、今後の開発バージョンやGM(最終バージョン)で修正が行わなければ、この状態のままiOS5が正式にリリースされることになります。ちなみに iOS5 beta7 ではAPN(AccessPointName)設定も変更ができなくなっているようです。

なので、ドコモをキャリアを使用する前提でSIMロックフリー版iPhone5の検討されている人は、急いで購入しないほうが良さそうです。また、iOS5は「iPhone 3GS 」、「iPhone 4」、「iPad 」、「 iPad 2」、「iPod touch 第三世代 / 第四世代」が対象になっているので、これらをSIMロックフリー版で購入している人はiOS5がリリースされても直ぐにアップデートしないでください。

こんな話しを聞くと、ドコモからiPhoneが販売されることは、しばらく無いのかなと感じます。また、アップルから提訴をうけているサムスン(Sumsung)はドコモとは仲が良さそうですし、スマートフォン市場の構図が、今後どう動くのか楽しみです。

参考ページ:iOS5 beta7で日本通信SIMが終了のお知らせか!?
 

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/65

コメントする