Windows Vista のサポートが来春早々に終了

Windows XP のサポートが延長されたことは知っていましたが、どうやらWindows Vista のサポートがWindows XP より短くなってしまう逆転現象が発生してしまっているようなので、現在使われているWindows製品のサポート期限について調べてみました。

まず、Windowsのサポートの考え方ですが、製品のライフサイクルに基づいて運用されています。詳細はマイクロソフトのサイトで確認してみてください。そんなことより結論だけ知りたいという方は、日本経済新聞で掲載されている「XPより短命な“後輩”Vista、来春以降使えない 」の説明に使っていた以下の図を見てください。

WinEOL.jpg

Windows XP のサポート終了が2014年4月に対して、Windows Vista は2012年4月となっています。各プロダクト毎のサポートについては以下の表にまとめてみました。

プロダクト ソフトウェア メインストリーム 延長サポート
Windows 7 Enterprise  ビジネス 2015/1/13 2020/1/14
Windows 7 Professional  ビジネス 2015/1/13 2020/1/14
Windows Vista Enterprise  ビジネス 2012/4/10 2017/4/11
Windows Vista Business  ビジネス 2012/4/10 2017/4/11
Windows 7 Ultimate  コンシュマー 2015/1/13 なし
Windows 7 Home Premium  コンシュマー 2015/1/13 なし
Windows 7 Starter  コンシュマー 2015/1/13 なし
Windows XP Professional  コンシュマー 2009/4/14 2014/4/8
Windows XP Home Edition  コンシュマー 2009/4/14 2014/4/8
Windows Vista Ultimate  コンシュマー 2012/4/10 なし
Windows Vista Home Premium  コンシュマー 2012/4/10 なし
Windows Vista Home Basic  コンシュマー 2012/4/10 なし

まず、延長サポートですが、本来ビジネス用ソフトウェアのみ適応されますがWindows XP のシェアが多すぎたため、コンシュマーに対しても延長サポートの対象となっています。上記の表でもソフトウェアがコンシュマーとなっている製品ではXPを除き延長サポートが「なし」となっているかと思います。
あと、メインストリームサポートと延長サポートの違いですが、セキュリティ更新プログラムの提供は引き続き行われますが、無償サービスや仕様変更が出来なくなります。詳細は以下の表を参考にしてください。

サポート内容 メインストリーム 延長サポート
セキュリティ更新プログラム サポート あり あり
有償サポート 
(インシデント サポート、時間制サポート)
あり あり
無償サポートライセンス、
ライセンス プログラムおよび、
その他の無償サポートを含む
あり なし
仕様変更、新機能のリクエスト あり なし
セキュリティ関連以外の修正プログラムの
作成の新規リクエスト
あり 要契約

結局は、PCを購入する際は、シェア率が高いOSかどうかを検討しておけば、長く安全に使える可能性が高くなりそうです。
2011年冬にはWindows8が発売されるようですが、2000⇒ME⇒XP⇒Vista⇒7⇒8の流れをみてみるとWindows7に今のうち乗り換えておいた方が良いかもしれません。

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/56

トラックバック

» サポートが終了したOSをネットに繋がない from ぱふぅ家のホームページ
2012年4月10日、Windows Vista Home Basic/Home Basic N/Home Premium/Ultimate(各64ビット... 続きを読む

コメントする