VMware vSphere 5 ダウンロード開始!

 VMware vShpere 5 が8月24日に正式リリースされ、VMware社のサイトよりダウンロードすることができるようになりました。
早速、評価を目的として、VMware ESXi 4.1 Update 1 上にVMware ESXi 5 をインストールしてみましたので、インストール時の記録について以下に記載します。

1.仮想マシンの設定

仮想マシン上にESXiをインストールする需要はないかもしれませんが、評価として動作を確認したい人もいると思いますので、今回のインストール時に使用した仮想マシンのハードウェア項目を記載しておきます。
★が付いた項目については、インストールの際に、デバイスが認識しなかったり、構成を組む上でエラーが発生したため、明示的に変更した設定です。

  • ゲストOSは「Red Hat Enterprise Linux 6 (32-bit)」を選択
  • 仮想プロセッサ数は「2 」を選択★
  • メモリは「 3G 」を選択
  • NICのアダプタは「 E1000 」を選択★
  • SCSIコントローラは「 LSI Logic SAS 」を選択★
  • ハードディスク容量は「 30GB 」を選択
  • 仮想デバイスノードは「 IDE(0:0) 」を選択
     

2.ESXi 5 のインストール

VMWare上にインストールすることになるので、VMware社からダウンロードしたインストーラのISOファイル(VMware-VMvisor-Installer-5.0.0-469512.x86_64.iso)を仮想CDドライブにマウントしてインストールしました。

以下は、CDブート直後の画面です。(数秒放置すると、自動でインストーラが起動します。)

esx5-01.jpg
 

インストーラのロードを行っています。

esx5-02.jpg
 

これも、ロード画面です。

esx5-03.jpg
 

インストーラが起動した画面です。 インストールを行いますので、「 Enter 」を押して下さい。

esx5-04.jpg
 

ライセンスの同意画面です。「 F11 」を押してライセンスに対して同意を行ってください。

esx5-05.jpg
 

インストールするディスクを選択します。インストールするディスクを選択して「 Enter 」を押してください。

esx5-06.jpg
 

キーボードタイプを選択します。上下キーを押して「 Japanese 」を選択してから「 Enter 」を押して下さい。

esx5-07.jpg
 

ルートパスワードの入力画面です。パスワードと確認用のパスワードを入力して「 Enter 」を押して下さい。パスワードは、少なくても7文字以上にする必要があります。

esx5-08.jpg
 

仮想化上にインストールすることに対して警告されますが、ここは無視して「 Enter 」を押して下さい。

esx5-10.jpg
 

インストール前の確認画面です。「 F11 ] を押してインストールを開始してください。

esx5-11.jpg
 

インストール中の画面です。

esx5-12.jpg
 

インストール完了画面です。60日の評価期間なので後でライセンスをvShpereクライアントやユーザインターフェースから登録してと書いてあります。インストーラのCDを仮想マシンから外してから「 Enter 」を押してください。

esx5-13.jpg
 

再起動するとESXiが起動してきます。以下の画面が表示されればESXiのインストールは完了です。

esx5-14.jpg
 

とりあえず、今日はここまで。

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/58

コメントする