VTSPの取得方法

VTSPの取得についてアクセスが多かったので、記事を追加してみました。VMwareは資料が丁寧なので、ここでは各手順の資料保存場所までたどり着くまでの流れだけご紹介します。

  • VMwareのアカウントを作成

VTSPはパートナー資格にあたるため、所属している企業がまずVMwareパートである必要があります。それなりの社員数がある企業であればパートナー登録はされていると思います。では、まず初めにVMwareのアカウントを作成です。まず、VMwareのサイトにアクセスして「パートナー」タブから「Partner Central」にアクセスします。

VMwareのサイトはこちらからアクセスしてください

VTSP1.JPG

Pertner Central のトップページにアクセスできたら「ユーザIDの新規登録はこちら」からアカウントを取得します。「新規登録マニュアルはこちら」に丁寧にアカウントの取得手順が記載してありますので、ここでは説明を省略します。
アカウントの取得が完了したら、本ページのパートナーログインから Pertner Central にログインしてください。

VTSP2.JPG

  • VSP&VTSP取得手順書の保存場所

ここからはVSP&VTSPの取得手順書のあるページをご紹介します。Pertner Central にログインが完了したら、「 Content 」タブに移動して下さい。

VTSP3.JPG

以下のように VTSPと日本語を検索条件として「 Go! 」ボタンを押します。VSP&VTSP取得手順書が検索結果に表示されると思いますのでリンクをクリックします。

 VTSP4.JPG

VSP&VTSP取得手順書のページが表示されます。画面中央にある「 Download 」で資料をダウンロードするかページに表示されているスライドで示されている手順で試験を受けてください。

VTSP5.JPG

  • VTSPの概要

VTSPは6個のプログラムから構成されています。各プログラムともスライドによる1.0~1.5時間程度の説明を聞いてから小テストを実施します。(小テストは1日3回失敗すると、その日はテストを受けることが出来ないようです。小生は最低3回目で全て合格したので確認できていません。)

  1. VMware vSphere 4.1 のアーキテクチャ
  2. VMware vSphere のインストール
  3. VMware vSphere のネットワーク
  4. VMware vStorage
  5. VMware vCenter の管理
  6. 仮想マシンの管理 

  

  • オススメの参考図書「VMware徹底入門 第2版」

 

VMWareのバイブル本です。本屋でVMwareに関する本をいくつか比べてみましたが、やっぱりこれが一番シンプルで判りやすかったです。

VMware徹底入門 第2版

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/41

コメントする