USB-GEIGERでモニタリングポストを作ろう4

usbrh-libのソースをいじってとりあえず出力できるようにしてみました。実行ファイルはusbgeigerに名前を変更しました。

# ./usbgeiger -v ; sleep 59 ; ./usbgeiger -v
Counter: 17086
Timer: 88695
Counter: 17097
Timer: 88755

# ./usbgeiger
17256

sleep 59にしたわけは内部で1秒間のスリープする使用になっていたため丁度1分間後に実行させるため調整しています。上記結果では1分間に11countされていますので11cpmとなります。
本番ではシステムで定期的に実行されるので、count値だけ出力できるようにもしておきました。

まだソースにゴミが大量に残っていますので整理が必要ですが、気が向いたらソースを公開します。(FreeBSDで作成したソースに需要があるかは微妙ですが・・・)

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/33

コメントする