Freebsd 8.2-RELEASEでのsshdの設定

ESXiでFreeBSD 8.2-RELEASEをインストールしてzfsなど試してみようと思ってみましたが、さっそくsshでログインで躓きました。
まず、TeraTermでパスワードでログインしようとしたところ「認証に失敗しました、再試行してください」というメッセージが表示されRSA/DSA鍵を使う認証しか受け付けてくれない状態になりました。

リモートからsshでパスワードでログイン出来るようにするには以下の内容を変更してください。

  • 「/etc/ssh/sshd_config」の編集

要はPasswordAuthentication」のパラメータがディフォルト「no」になっているので、「yes」に変更してください。あとは逆引きでをさせないようにして、待ち時間をなくすために「UseDNS」を「no」にしてください。

PasswordAuthentication yes
UseDNS no

 

  • sshdの再起動

 変更した設定を反映させるためsshdを再起動します。

# /etc/rc.d/sshd stop
Stopping sshd.
# /etc/rc.d/sshd start
Starting sshd.


 これからZFSの動作確認を行ったら、ZFSbootまでを試してみたいと思います。夏までには現在稼動しているPC鯖からデータを移行出来ればいいな。

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/23

コメントする