ESXi4.1の仮想マシンでCDブート

VMware ESXi 4.1でOSがインストール済みの仮想マシンでCDブートする方法です。

  • 対象の仮想マシンの設定変更

VMware vSphere Clientで接続し、CDブートしたい仮想ホストを選択し、右クリックから「設定の編集」を選択します。

VM_BIOS1.jpg

  • 次回起動時のBIOS画面を表示させる

仮想マシンのプロパティにて「 オプション 」タブから「 起動オプション 」 を選択します。右側の表示で強制的にBIOSセットアップの項目にチェックをいれます。説明にも書いてある通り次回起動時の一回だけ有効な設定です。

VM_BIOS2.jpg

  • BIOSの設定

仮想マシンを起動した際の仮想マシンのBIOS画面です。BOOTの順番が「 Hard Disk 」 より 「 CD-ROM Drive 」が上に来るように変更してください。
BIOSの設定を保存してBIOSを抜けたらCDから起動できるようになります。

VM_BIOS3.jpg

以上で設定は完了です。

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/25

コメントする