普天間基地移設問題をめぐる鳩山首相の発言

沖縄の普天間基地移設問題ですが、某掲示板や色々なサイトを拝見させてもらいながら4月16日まで、まとめてみました。
鳩山総理の話は八方美人を演じて、具体性を逃れることで問題を先送りにした結果、戦後から今まで築き上げた関係がたった半年たらずで悪化しています。

2009年08月23日 

移転先は県外。出来れば国外

2009年09月14日 

基本的な考え(県外・国外移設)に変更はなく、年内に決める

2009年11月13日 

オバマに対し、「年内決定する。トラスト・ミー」

2009年11月30日 

「無責任に延ばすことはできない、結論を出すまでに時間はかけるべきではない」

2009年12月05日 

年内決着を断念

2009年12月08日 

「トラスト・ミー」は信じろと言っただけで移転先は言ってない

2009年12月15日 

年内に移転先を決定しない事を決定した。来年5月までに決定する

2010年01月24日 

名護市の市長選、民主党推薦の辺野古への移設に反対する稲嶺進氏が当選

2010年01月22日 

昨年末決定しないで良かった

2010年03月13日 

ルース駐日米大使にキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への現行計画を容認

2010年03月21日 

米政府のキャンプ・シュワブ沿岸部案がベストとは思っていない

2010年03月24日 

3月いっぱいには(移設先の)政府案をまとめる。約束する

2010年03月29日 

今月中と決まっているわけではない。月内は法的な決まりでない

2010年03月30日

1日、2日、数日ずれることは何も大きな話ではない。大事なことは5月にしっかりとした案を理解してもらうことだ

2010年03月31日

今、腹案を持ち合わせている。県内とか県外とか、お答えできない。表に出した瞬間に、徳之島でもそうだが、大変な反対運動が起きる。沖縄の負担軽減、抑止力の問題を含めて、現行案と少なくとも同等か、それ以上に効果のある案だ

2010年04月02日

普天間は全力で県外に出したい

2010年04月12日

日米同盟は大変大事で、その考えの中で努力している。5月末までに決着するという発言に対して「きちんと責任を取れるのか」と米大統領は疑問呈す。

2010年04月15日

(「5月末に米国と地元の合意を得た唯一の案が発表されるのか」との質問に)決着は決着だから、その通りだ。もうこれで行こうと、その方向がお互いに認められる状況を指す

 

結局、鳩山総理含め民主党は自民党の批判だけしかする力しか無かったとしか見えません。
マニフェストもそうですが、発言に責任をとれない人を自分は支持したくないですね。
前回の選挙では自分は自民党に投票しましたので、余計に今の現状に腹がたちます。。。

 

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/7

コメントする