ディモーラを使った遠隔録画予約

家にいない時でも携帯からテレビの録画予約を行いたいと思っていたら、ディモーラ(DIMORA)といサービスを使用して予約が行えるようなので早速設定してみました。  

ディモーラ(DIMORA)とは

ディモーラとは、パナソニックが提供しているパソコンや携帯からDIGAシリーズの録画予約などを可能とするという無料サービスです。それ以外にもHDD残量が少なくなった場合のメール通知の機能があります。(ディモーラは2008年4月より無料になりました。)

<ディモーラサイト>
https://dimora.jp/dc/pc/start.do

 

 構成情報

今回、ディモーラを使用するにあたって以下の機器を設定しました。ディーガ(DIGA)の機種によってディモーラで使用出来るサービスが異なってきます。自分の持っているディーガ(DIGA)の対応状況を事前に確認して下さい。

装置 メーカ 機器名
ブロードバンドルータ シスコシステムズ Cisco1812J
HDD搭載DVDレコーダ パナソニック DIGA(DMR-XW31)

<機種別サービス対応一覧
https://dimora.jp/dc/pc/DESC/ServicesByModel.html

 

はじめに

インターネットから録画予約するためには、携帯やPCから直接自宅にDIGAにアクセスするわけではなく、ディモーラのサーバを経由してDIGAと接続する仕組みになっています。
その為、以下のステップを踏む必要があります。

  1. ディモーラ(DIMORA)に会員登録
  2. ブロードバンドルータにディモーラのサーバからDIGAへの通信設定
  3. DIGAのネットワーク設定
  4. ディモーラにDIGAを登録

 ディモーラ概要図_100310.JPG

図 ディモーラの概要  

ディモーラ(DIMORA)に会員登録

  • ディモーラWEBサイトにアクセス

まず、ディモーラのWEBサイトにアクセスしてディモーラ会員(無料)の登録を行います。ディモーラWEBサイトには以下のURLからアクセスできます。

<ディモーラWEBサイト>

https://dimora.jp/dc/pc/start.do

 

  • 会員の仮登録

会員登録タグを表示して、会員規約と個人情報取扱に同意をします。

dimora01.JPG

dimora02.JPG

dimora03.JPG

  • 仮登録のためメールアドレスを入力

自分が受信可能なメールアドレスを入力して 「規約に同意してメールを送信」 ボタンを押します。ボタンを押すと登録したメールアドレス宛てにメールがすぐに送信されるので、届いているか確認します。

dimora04.JPG

  • 仮登録メールの確認

以下の内容が記載されたメールが登録したメールアドレス宛てに配信されています。メール本文の中に本登録用のURLが記載されていますので、そのURLより本登録を行います。

件名 [ディモーラ]会員仮登録通知
差出人 ディモーラサポートディスク
本文

メール本文に転載不可の文言があったので、概要だけ以下に記載します。

・ 仮登録のため、本登録を行って下さい。
・ 本登録用のURL
・ 本登録の有効期限

 

  • 本登録情報の入力

メールのURLを辿ると、本登録の画面が表示されます。必要事項を入力して 「確認する」 ボタンを押して下さい。

dimora11.JPG

登録項目の内容(抜粋)

パスワード

ディモーラ会員画面にログインするパスワードです。
ログインIDは登録したメールアドレスになります。

ニックネーム

会員画面に表示される名前です。
お好きな名前を入力して下さい。

メルマガ配信希望

メールマガジンの配信の有無です。
ディフォルトは「希望しない」にチェックが入っていますので、配信を希望する場合は「希望する」にチェックを入れて下さい。

 

  • 登録情報の確認

登録した内容が正しいか確認して 「登録する」 ボタンを押します。

dimora12.JPG

  • 登録後のログイン確認

先ほど登録したパスワードを入力して 「ログイン」 ボタンを押してディモーラにログイン出来ることを確認します。

dimora13.JPG

以下のような画面が表示されたら会員登録は完了です。登録したログインIDとパスワードは忘れないように大事に保管して下さい。

dimora21.JPG

 

   

ブロードバンドルータの通信設定

自宅ではブロードバンドルータにシスコシステムズのCisco1812Jを使用してインターネットに接続していますので、本手順はCisco1812Jにおける設定例となります。基本的にその他のメーカ製品におけるサポートは出来かねますのでご了承願います。

  • ディモーラを使う為に必要な通信

ディモーラからDIGAに対して以下の通信を双方向で確保する必要があります。(以外とブロードバンドルータに穴をあけなければいけないポートがいっぱい有ります。。。)

ディモーラサーバのIPアドレス プロトコル ポート番号

114.179.237.129

TCP

47809

114.179.237.129

UDP

47810~47820

114.179.237.23

TCP

47825

114.179.237.17

TCP 49000~49030

不要

TCP

48810

   ※2011年8月25日よりサーバー移設のため、IPアドレスが更新されました。

  • アクセスリストの設定

実際に通信制御を行う方法はたくさん有りますが、必要以上の穴を開けてセキュリティを落としたくはないので、まずインタネットから入ってくるパケットについてディモーラサーバのIPアドレスからの通信は許可する設定を行います。後、1023以降のポート番号については内側から発生した通信の内TCPを確立したパケットのみ許可する設定を入れています。

 access-list 101 permit tcp any any gt 1023 established
 access-list 101 permit ip host 133.183.105.20 any
 access-list 101 permit ip host 133.183.105.23 any
 access-list 101 permit ip host 133.183.105.15 any

 

  • スタティックNATの設定

WAN側からくるパケットの内、ディモーラで使用するポート向けに来たパケットの宛先IPアドレスをDIGA向けに書き換える設定をします。自分が知ってる限り、CiscoのスタティックNATでは使うポート1つに付き1行の設定が必要になるため、無駄に長いコンフィグになってしまいました。(汗

 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 47809 interface Dialer0 47809
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47810 interface Dialer0 47810
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47811 interface Dialer0 47811
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47812 interface Dialer0 47812
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47813 interface Dialer0 47813
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47814 interface Dialer0 47814
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47815 interface Dialer0 47815
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47816 interface Dialer0 47816
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47817 interface Dialer0 47817
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47818 interface Dialer0 47818
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47819 interface Dialer0 47819
 ip nat inside source static udp 192.168.40.6 47820 interface Dialer0 47820
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 47825 interface Dialer0 47825
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49000 interface Dialer0 49000
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49001 interface Dialer0 49001
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49002 interface Dialer0 49002
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49003 interface Dialer0 49003
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49004 interface Dialer0 49004
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49005 interface Dialer0 49005
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49006 interface Dialer0 49006
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49007 interface Dialer0 49007
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49008 interface Dialer0 49008
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49009 interface Dialer0 49009
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49010 interface Dialer0 49010
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49011 interface Dialer0 49011
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49012 interface Dialer0 49012
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49013 interface Dialer0 49013
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49014 interface Dialer0 49014
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49015 interface Dialer0 49015
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49016 interface Dialer0 49016
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49017 interface Dialer0 49017
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49018 interface Dialer0 49018
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49019 interface Dialer0 49019
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49020 interface Dialer0 49020
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49021 interface Dialer0 49021
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49022 interface Dialer0 49022
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49023 interface Dialer0 49023
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49024 interface Dialer0 49024
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49025 interface Dialer0 49025
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49026 interface Dialer0 49026
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49027 interface Dialer0 49027
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49028 interface Dialer0 49028
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49029 interface Dialer0 49029
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 49030 interface Dialer0 49030
 ip nat inside source static tcp 192.168.40.6 48810 interface Dialer0 48810

 

  • WAN側インターフェースの設定

ブロードバンドルータのWAN側インターフェースには、フレッツ光に繋げるためのPPPoEの設定が既に入っています。ディモーラの設定で特に必要となる設定を赤文字示しています。

interface Dialer0
 ip address negotiated
 ip access-group 101 in
 ip mtu 1454
 ip nat outside
 ip ips IPS in
 ip ips IPS out
 no ip virtual-reassembly
 encapsulation ppp
 ip tcp adjust-mss 1414
 dialer pool 1
 dialer-group 1
 no cdp enable
 ppp chap refuse
 ppp pap sent-username <ユーザ名> password 7 <パスワード>

 

  • LAN側インターフェースの設定

  ブロードバンドルータのLAN側インターフェースにはNATの設定だけで大丈夫です。

interface Vlan1
 ip address 192.168.40.1 255.255.255.0
 ip nat inside
 ip virtual-reassembly

   

DIGAのネットワーク設定

  • DIGAのネットワーク設定方法

お持ちのDIGAの取扱説明書(準備編)(自分の場合はDMR-XW31/XW51 (準備編))の「ネットワークの設定する」を参考にネットワークの設定を行ってください。WEBカタログは以下のサイトより入手してください。

<パナソニックDVDお客さまサポート>
http://panasonic.jp/support/dvd/manual/index.html

DIGA本体のネットワーク設定で必要な項目と登録例を書いておきます。登録内容は各自の環境に合わせ適宜修正して下さい。

IPアドレス自動取得 しない
IPアドレス 192.168.40.6
サブネットマスク 255.255.255.0
ゲートウェイアドレス 192.168.40.1
DNS-IP自動取得 しない
プライマリDNS 192.168.40.3
セカンダリDNS なし
接続速度自動設定 オン

 

  • 機器IDの確認

リモコンで「操作一覧」を押して、画面のメニューより「その他の機能へ」→「初期設定」→「ネットワーク通信設定」→「ブロードバンドレシーバ設定」と選んでください。表示された内容から機器IDを控えておいて下さい。機器IDは、後でディモーラに登録するため使用します。ここで、接続形態が「インターネット接続」と表示されていない場合はディモーラが使用出来ません。その際はこの後でディモーラにDIGAを登録する時にエラーになりますので、ブロードバンドルータの設定やDIGAのネットワーク設定を見直して下い。

接続形態 インターネット
ネットワークからの番組消去 入      切
機器パスワード初期化
機器ID:
IPアドレス:
MACアドレス:
接続状態:
XXXX-XXXX-XXXX-XXXX
192.168.40.6
XX-XX-XX-XX-XX-XX
インターネット接続

 

  • 機器パスワードの登録

DIGAに登録したIPアドレスにアクセス可能なPCより、WEBブラウザーを起動して「http://192.168.40.6(DIGAに登録したIPアドレス)」と入力します。初めてDIGAにWEBアクセスした場合は、以下の画面が表示されパスワードを要求してきます。このパスワードがディモーラに登録するパスワードになるためメモして大切に保管して下さい。

dimora23.JPG

 

「確定」ボタンを押すと、マネージャ画面が表示されますが、そのままWEBブラウザーを落として問題ありません。

 

ディモーラ(DIMORA)にDIGAを登録

  •  ディモーラにDIGAを追加

改めて、ディモーラにログインします。DIGAを登録していない状態では以下の画面が表示されていると思いますので、「ディーガを登録」ボタンを押します。

dimora31.JPG

 

  • DIGAの情報を入力

前項で控えた機器ID機器パスワード入力します。入力が終わったら「登録する」ボタンを押します。ここでDIGAの接続状態がインターネット接続になっていない場合は、エラー画面が表示されて以降の処理を進めることが出来ません。

dimora32.JPG

  • 登録内容の確認

DIGAやネットワークの設定が正しく行われていれば、地域・チャンネル登録画面が表示されます。基本はDIGAから取得してきた情報なので、内容を確認して「登録する」ボタンを押します。

dimora33.JPG

以下の様な画面が表示されれば登録は完了です。DIGAを登録する前に比べてメニューやタブが増えていることが確認出来るかと思います。ディモーラのサービスを存分にお楽しみ下さい。

dimora34.JPG

 

パナソニック 無線LANアダプター(ブラック)DYWL10K DY-WL10-K
パナソニック 無線LANアダプター(ブラック)DYWL10K DY-WL10-K

関連記事

人気記事のランキング

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://or2.to/mt/mt-tb-mt.cgi/2

コメントする